会津から世界へ。最先端の内視鏡診療をご提供致します - 福島県立医科大学 会津医療センター 消化器内科

後期研修のカリキュラム

研修責任者

教授 入澤篤志

後期研修教育担当

0013_img01

入澤 篤志

  • 日本内科学会(認定医,東北支部評議員)
  • 日本消化器内視鏡学会(指導医,専門医,社団評議員,東北支部幹事)
  • 日本消化器病学会(指導医,専門医,学術評議員,東北支部監事)
  • 日本膵臓学会 (評議員) 
  • 日本消化管学会(専門医,代議員)
  • 日本門脈圧亢進症学会(技術認定医,評議員,幹事)
  • 米国消化器内視鏡学会(international member)
0014_img01

澁川悟朗

  • 日本内科学会(認定医)
  • 日本消化器内視鏡学会(専門医,東北支部評議員)
  • 日本消化器病学会(専門医)

認定施設

日本消化器内視鏡学会指導施設
日本消化器病学会指導施設

研修プログラムのモットー

  • 「標準以上の消化器内科医の育成」
  • 「世界に羽ばたける消化器専門医の育成」

を目的として、消化器病学の基本から先進的内容までを「楽しく学ぶ」ことが本プログラムのモットーです。

本プログラムでは消化器一般を幅広く研修する事を基本としますが、全体としては消化器内視鏡診療を軸とした研修となります。

プログラム後半では消化器内視鏡学(診断と治療)を基軸とした、胆膵疾患や上部消化管疾患・門脈圧亢進症の診断と治療に特化した研修も行います。これらの分野においては,日本国内はもとより国際学会でも高く評価される臨床・研究能力を身につけられるような教育指導を行います。

やってみせ、言って聞かせて、させてみる」これが私たちの研修における基本理念です。
入院受け持ちは主治医制となり、受け持った患者さんに関する全ての消化器病関連手技は、上級医の指導のもと自分でできるところまでやってもらいます(もちろん、十分な予習は必要です)。

アノテーションシステム

アノテーションシステム:内視鏡画像に直接的に絵や文字を書き込むことで、術者と指導者の双方向やり取りができるシステム。

内視鏡指導においては、本邦ではほとんど導入されていない「アノテーションシステム」を当院では採用しています。
このシステムで指導することで言葉だけではなかなか十分に理解出来ない内視鏡像やEUS画像に直接図示することで直感的に理解可能となり、教育される側の満足度は高いと考えています。

自負

胆膵疾患・超音波内視鏡関連手技においては本邦でも有数の施設であると自負しています。これらの領域のみを一定期間学びたい方も随時受け入れています。

融通

新しい内科専門医制度に対応できるように、当講座の後期研修期間であっても内科他分野へのローテーション研修も可能です。

研修期間

基本的には、 初期研修終了後から4年間 が後期研修期間となります。
しかしながら、ある一定期間に限定的な分野(例えば、「超音波内視鏡関連手技を学びたい」「胆膵疾患全般に精通したい」等)を研修したい希望がある際には、その研修期間についてはご相談ください。基本的手技および発展的手技を習得するためには2年は必要と考えていますが、状況に応じて対処させて頂きます。

取得可能な資格

日本消化器病専門医
日本消化器内視鏡専門医
日本消化管学会専門医
日本門脈圧亢進症学会技術認定医
新・内科専門医

プログラムの概要

新患・再来外来や担当入院患者の診療を通して各種疾患についての理解を深める他、消化器に関連する検査/治療には一通り参加し、4年終了時には以下に掲げる消化器臨床的手技を一通り施行できるよう指導を受けます。

  • 腹部超音波検査
  • 上下部消化管内視鏡検査
  • 超音波内視鏡関連手技
  • 内視鏡的逆行性膵胆管造影検査およびその関連手技
  • 内視鏡的粘膜下層剥離術
  • 経皮的肝生検
  • 経皮的胆嚢胆管ドレナージ
  • 食道胃静脈瘤硬化療法・結紮術など

上記以外の侵襲的検査/治療(超音波内視鏡下穿刺治療を初めとした、世界でも先進的医療に位置づけられる手技)についても、研修者の技量に応じて指導を受けながら術者として施行します。

大腸内視鏡に関しては、当院の小腸大腸肛門科学講座と連携しての研修となります。2年間プログラム前半期間中は、週1回の大腸内視鏡検査・治療に携わります。うち3ヶ月間は小腸大腸肛門科学講座で下部消化管に特化した研修を受けることも可能です。

研修期間中の業務は以下のような1週間の流れとなります。(曜日は未定です。)

胆膵症例
カンファ
内科外科合同術前カンファ 内視鏡
レビュー
午前 内視鏡検査 消化器内科
新患外来
消化器内科
再診外来
内視鏡検査 外勤
午後 治療内視鏡/
特殊内視鏡
治療内視鏡/
特殊内視鏡
治療内視鏡/
特殊内視鏡
治療内視鏡/
特殊内視鏡
治療内視鏡/
特殊内視鏡
消化器内科
勉強会

カンファランス・勉強会

消化器内科としての連日の病棟カンファランス、外科との術前・術後合同カンファランス、週1回の抄読会や勉強会への参加を通して、手技のみならず消化器疾患を深く考える力を養います。

学術活動

学術活動としては、研究会・学会での発表と論文執筆を基本とします。

本プログラム前半
各種研究会や学会支部例会での症例報告を中心とした発表

本プログラム後半
全国学会(日本消化器病学会総会・内視鏡学会総会・胆道学会・膵臓学会・日本門脈圧亢進症学会・日本消化管学会など)や米国消化器病週間(DDW)、欧州消化器病週間(UEGW)で発表できるよう専門領域に特化した研究も行い、積極的に全国そして世界に挑戦して頂きます。

後期研修として学ぶ期間中、原則として年1編は著者として論文発表できるように指導を受けます。

海外留学

本プログラム終了後には希望に応じて海外留学先の紹介等、世界へ羽ばたく最大限の後押しを受けることができます。