会津から世界へ。最先端の内視鏡診療をご提供致します - 福島県立医科大学 会津医療センター 消化器内科

消化器内科の特色

消化器内科の特色

当院の消化器内科では、主に上部消化管疾患(食道、胃、十二指腸)、胆道・すい臓疾患、肝臓疾患の診療を行っており、いわゆる「おなかの病気」のプライマリケア(初期医療)から最先端の高度医療に至るまで、日本消化器病学会・日本消化器内視鏡学会・日本消化管学会認定の指導医・専門医を中心に安全かつ確実な医療を提供しています。

 特に消化器内視鏡を用いた、低侵襲(患者様の体への負担をできるだけ軽減すること)な検査治療が消化器内科の最大の特色 であり、すい臓がんの早期診断、胆のう・胆管結石の診断治療、胆のう・胆管がんの早期診断、胃・食道早期がんの診断治療、消化管粘膜下腫瘍(GIST)診断、食道胃静脈瘤治療、上部消化管出血治療などの分野においては、おそらく 会津エリア随一 ともいえる最先端の内視鏡機器を取り揃え、高い技術力をもって診療にあたっています。

消化器がんの撲滅

当科では、大きな目標として「 消化器がんの撲滅 」を掲げています。特に難治がんの代表とも言える「すい臓がん」に関しては、すい臓がん検診」も導入し、検診で異常が認められた場合は精密検査としての内視鏡検査を行うことで、できるだけ早期の段階でがんを発見することに努めています。

また、早期胃がんの内視鏡診断治療に関してもこれまで数多くの実績を積み重ねてきました。一方、がん以外の病気に関しても幅広く診療しています。最近TV等で紹介され話題になっている急性すい炎や慢性すい炎(私達が番組作成に協力したNHKの番組「ためしてガッテン」や「あさイチ」で取り上げられました)や、胃酸関連疾患(逆流性食道炎など)についても理論に基づいた確実な治療を提供しており、多くの患者様に喜ばれています。

「消化器内科」の医師にお気軽にご相談ください

おなかの中には様々な臓器がありその臓器ごと多くの病気が存在します。この文中ではその一部を紹介しましたが、上記以外の病気や症状であっても、ぜひ私ども「消化器内科」の医師にお気軽にご相談ください。
最先端の医療機器を扱う私たちですが、患者様としっかりコミュニケーションをとり、信頼関係を築くことで高度医療を確実に提供できると考えています。
優しい笑顔の消化器内科医が診察室でお待ちしております。